椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科
失った歯を補う治療 ブリッジ、入れ歯、インプラント
 
保険外のメニュー


ブリッジ、入れ歯については、保険診療でも治療可能です。
もちろんなるべく違和感なく噛めて長持ちするように、一生懸命作ります。
しかしながら、保険診療では材料や作り方に制限があるため、費用が許すならば保険外で作製した方が材質、精度、見た目など満足いくものができると思います。(インプラントは保険外です)








ブリッジ
歯が1〜2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人口の歯を橋のように架けて治す補綴方法です。入れ歯のように取り外しするものではなく、自分の歯の土台に接着剤で取り付けるものです。



保険診療

金属のブリッジ

失った歯を含む3本分の型取りと装着合計で20,000円くらいです。(保険診療)




保険外

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けており、保険外治療の中で最も歴史が長く、安定したかぶせ物。
色調、形態ともに優れており、唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。
内側を強固な金属で補強するため、ブリッジなどにも最適です。
ブリッジの場合、失った歯を含めて本数×80,000円+消費税となります。




保険外

ジルコニア

人造ダイヤで知られるジルコニアをフレームにし、セラミックを焼き付けたもの。
大変強く美しく、ブリッジにすることも可能です。自然の光を透過するため、天然歯との見分けがつきません。
ブリッジの場合、失った歯を含めて本数×110,000円+消費税となります。








入れ歯
保険診療の入れ歯では、レジンというプラスチックを使用します。強度が劣るため、噛む力に耐えうる厚みを持たせて大きく作ります。そのため食べ物の味や食感が伝わりにくいというデメリットがあります。



部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー

金属の留め金がないため、入れ歯とわかりにくく、審美性にとても優れています。素材は柔らかく、大きく曲げても割れることがありません。残っている歯に金属の留め金で固定する保険の部分入れ歯と異なり、隣の歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。
費用は150,000円です。




総入れ歯

金属床義歯

プラスチック製義歯に比べて丈夫な素材である金属を使うため、快適でたわまない入れ歯をつくることができます。金属ならではの薄い仕上がりは、違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。








インプラント
インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応できなかった歯を失った部分に人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。自分の歯と同じように噛むことができるため、画期的な治療ではありますが、顎の骨自体が健康でなければリスクが大きいため、よく検討する必要があります。
費用は1本350,000円です。



インプラント治療工程


STEP @

奥歯が一本抜けてしまった状態です。

STEP A

まず、歯が抜けてしまったところに、インプラントを植え込むためのスペースをつくります。

STEP B

インプラントを植え込むためのスペースに、もともとあった歯の形に合わせたインプラントを植え込みます。

STEP C

インプラントを植え込んだら、歯肉で蓋をして約3〜6ヶ月待ちます。この間にインプラントが顎の骨と一体になります。

STEP D

インプラントと顎の骨が一体になったら、インプラントに支台装置を取り付けて、人工の歯をかぶせます。

STEP E

インプラントによる補綴(歯の再建)処置が完成した状態です。歯があったときと同じ感覚が回復します。



大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.