椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

治療@ 「虫歯」


虫歯・・・・・痛いですよね。毎食後にハミガキしていても、虫歯の原因「プラーク(歯垢)」が取り除けないでいると、どうしても虫歯になってしまうのです。プラークの主な成分は細菌。プラーク中の細菌が、歯を溶かしてしまうのです。

 [ 虫歯の進行と治療、及び治療に要する費用 ] 

※費用については、虫歯の場所や虫歯の程度により異なってきます。下記に記載しているものは目安としての金額です。

@ C1段階

この時点では、通常痛みは感じないため、虫歯を心配して歯医者さんに行く人は多くはいないでしょう。でも、定期検診を受けていれば、この初期段階の虫歯を発見することができます。

早期発見であれば、虫歯の部分をきれいに取り除いて、白い樹脂の材料を詰める治療で間に合います。費用は一本あたり千円〜2千円程度です。

A C2段階


この時点では、冷たいものや甘いものがしみる状態です。治療としては、虫歯の部分を削りとって、型をとり、詰め物を入れることになります。費用は、金属の詰め物(保険診療の範囲内)であれば、一本あたり2千円〜3千円くらいです。もし目立つ場所の歯が虫歯になってしまい、金属の詰め物ではちょっと・・・と思う場合は、白い詰め物を入れることもできます。ただし、保険外診療となるため、当院では一本あたり3万5千円くらいです。


B C3段階

この時点では、痛くて歯医者さんに駆け込む状態です。虫歯が神経に至っているため、残念ながら神経をとる治療となります。虫歯の部分を削りとり、神経の処置を行ってから、歯全体にかぶせ物を入れることになります。費用は、金属のかぶせ物(保険診療の範囲内)であれば、一本あたり4千円〜5千円くらいです。もし、目立つ場所の歯が虫歯になってしまい、金属のかぶせ物ではちょっと・・・と思う場合は、白いかぶせ物を入れることもできます。ただし、保険外診療となるため、当院では一本あたり5万5千円(ハイブリッドセラミック)又は、9万5千円(セラミック)です。

ただし、当院では可能な限り神経を保存したままで治療をしたいと考えています。神経がある歯のほうが、少しでも長持ちするからです。


C C4段階

この時点では、神経がくさっているため、その処置が優先となります。この場合も神経の処置が終わった後は、かぶせ物を入れる治療となります。でもこの状態では、場合によっては抜歯を決断せざるをえない場合があり、そうなってしまうと噛み合わせをつくるために、前後の歯とつないでブリッジにしたり、部分入れ歯にするなど、治療としてはかなり大がかりとなります。費用は、歯を一本抜くのに2千円〜3千円。抜いた歯の前後一本ずつ計3本をブリッジにした場合、トータルで2万円程度かかると思います(保険診療の範囲内)。この場合も、目立つ場所のブリッジで金属のものではちょっと・・・と思う場合は、白いブリッジを入れることもできます。ただし、保険外診療となるため、Bでご紹介したハイブリッドセラミック、又はセラミックの金額に、ブリッジの本数を掛けた金額となります。


金属のかぶせ物はイヤ!白く治したい!!

真ん中の歯から数えて4番目以降の歯が虫歯になった場合、通常(保険診療の範囲内)は金属の詰め物やかぶせ物が入ります。「でも、、、笑ったら見えるから、できれば白く治したい。」最近はこのようなご意見がとても多いです。

確かに金属のものと白いものでは、こんなに違います。





当院では、2種類の白い治し方を用意しております。ただし、保険診療の範囲外となるため、ご案内はしますがお勧めはしません。ご自身でご検討いただき、希望される場合はお申し出ください。

【 詰め物 】







ハイブリッドセラミック ・・・ 3万5千円/一本

【 かぶせ物 】






ハイブリッドセラミック ・・・ 5万5千円/一本
セラミック ・・・ 9万5千円/一本


※ブリッジの場合は、上記金額×ブリッジ本数の金額となります。

(資料 GCより)


大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.