椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科
当院の虫歯治療


当院では、積み重ねてきた経験と技術に支えられた丁寧な治療を行います。
検査をしっかり行い、分かりやすい言葉でご説明し、健康な歯をできるだけ残すように心がけています。




しっかりと検査をし、客観的な治療を心がけています

虫歯を削るとき、虫歯に侵されている部分だけを削り取り、健康な歯の部分はなるべく多く残すことが理想です。
当院では次のような機器・薬剤を使用します。
  • デジタルレントゲン
  • う蝕検知液(虫歯の部分だけを客観的に識別できる薬剤)
  • ダイアグノデント(虫歯の深さを測るレーザー測定器)


デジタルレントゲン
従来の被ばく量の10分の1と安心です

なるべく少なく削った結果、「詰め物が取れやすい」「後で痛くなった」など結果がおもわしくないこともありますが、だからといってたっぷり削って詰め物をつくったり、痛くなることを恐れてあらかじめ神経を取ったりはしません。




痛みの少ない治療を心がけています

痛みが苦手で歯科への受診をためらっている患者さんが、勇気を出してご来院頂けるよう、なるべく痛みを感じさせない治療を心がけています。

例えば、麻酔注射の針の痛みを少なくするために、ハグキに塗るタイプの表面麻酔を使用。注射針を打った時の痛みが軽減されます。
また、注射針は細いほどに刺すときの痛みが少なくなるため、日本で入手できるものの中で一番細いものを採用しています。

電動浸麻機と表面麻酔

そして麻酔液を注入する際は、少しずつ時間をかけてゆっくりと行います。少量ずつゆっくりと麻酔液を注入していくと、痛みを感じにくいからです。当院では電動の麻酔機を使用しています。注入速度を一定に保ってくれるので、痛みを感じにくい速度で麻酔液を注入することができます。




虫歯を再発させないために丁寧な治療を行います

虫歯を再発させないために、可能な限りていねいな治療を行います。

(なるべく神経を取らないように)
虫歯に侵されている部分だけをなるべく小さく削り取り、詰め物で修復します。
噛む面に限られたごく小さな虫歯であれば、削ってその場で樹脂の材料で埋める治療を行います。これは保険診療の範囲内で可能です。
隣の歯との間に虫歯が広がっているようであれば、型取りをして詰め物を入れて修復します。保険診療で金属の詰め物を入れて修復する場合も、もちろん可能な限り段差のない丁寧な治療を行いますが、虫歯を再発させないという点を重視するのであれば、セラミックの1day治療をお勧めします。



虫歯の再発を防ぐ治療法
SERECによる1day治療システム

(神経を取る治療をしたら)
残念ながら虫歯が大きくて神経を取る治療をした場合、根管治療(歯の根っこの治療)が重要となります。根管治療がきちんとできていなければ、どんなきれいなかぶせ物をしても、虫歯が再発する可能性が高まってしまうからです。
そこで当院では、丁寧な根管治療を心がけています。
手間を惜しまず、細部まで気を配って治療することで、虫歯が再発しにくい治療を行っています。
根管治療は時間がかかる場合もありますが、患者様もあきらめずにぜひついてきてください。




虫歯治療の流れ


(1)虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。



(2)治療計画の説明

治療計画をご案内します。
神経を取らないで済む治療であれば1〜3回、神経を取る治療であれば、6〜8回のご来院が必要となります。




(3)虫歯の部分を取り除く

虫歯の取り残しがないよう、また削りすぎないよう、う蝕検知液やレーザー測定器を使って確実な作業をします。




(4)詰め物やかぶせ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物やかぶせ物を装着します。
当院では、保険診療の詰め物・かぶせ物(金属)ももちろん丁寧に作製・装着しますが、より精度のよいもの、美しい仕上がりのものもご提供できます。何で治すかはご相談のうえで決定したいと思います。詳しくは下記ページをご参照ください。










(5)再発予防

虫歯を再発させないために、定期健診やクリーニングを受けることをおすすめします。






大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.