椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

歯周病・予防治療



歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病は、人類史上最も感染者数の多い感染症としてギネスブックに掲載されている、非常に罹患率の高い病気です。
また、歯が抜ける原因の第一を占めるほど、リスクの高い病気でもあります。

歯周病が怖い理由

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯のハグキに近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯とハグキの境目についた歯垢から、歯の根元にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。
歯周病(歯槽膿漏)が進行すると、歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
また、ハグキが出血している場合等、その部分の血管から歯周病原菌が血液中に入り、右のような全身の病気の原因となることが分かっています。







歯周病の危険信号

歯周病は痛みがなくゆっくりと気づかないうちに進行しますが、いくつか危険信号があります。下記の内容であてはまる方は、歯科の受診をお勧めします。



□ 歯ブラシの時に出血する
一番身近に感じやすい危険信号です。
出血するということは、歯垢や歯石が取り除けていないということ。出血を恐れて、その部分を磨くのをやめてしまうと、さらに歯周病の症状が進行してしまいます。まずは歯科で検査を行うことをお勧めします。


□ 口臭が気になる
歯周病や虫歯はにおいを発します。歯周病の進行により、歯肉と歯のすき間から血や膿が出ることによって、口臭が強くなります。


□ 歯がグラグラする。浮いたような感じがする。
歯を覆う骨の量が少なくなったり、ゆるんだりすることで起こります。みがき残した歯垢や歯石が歯肉を腫れさせ、植わっている骨を長年かけて溶かしているのです。


□歯と歯の間が開いてきたような感じがする。
グラグラ揺れている歯は、噛み合わせ続けていくと、噛む力によって外側に広がるため、隣同士の歯の間にすき間が生まれます。以前に比べてすき間ができたと感じる方は、早急に歯科で歯周病治療を受けることをお勧めします。


□ ハグキがさがって根が見える
歯の周りの骨が下がると、今まで歯の根を覆っていたハグキもさがり、根の部分がみえてくることがあります。根がむきだしになることで、冷たいものにしみやすくなったり、虫歯になりやすくなります。



歯周病治療の流れ 5ステップ

1.検査、診断
生活習慣についての問診、レントゲン撮影、歯周ポケット検査を主にさせていただきます。お口の中の現状、生活習慣からの歯周病の原因、歯周病とは何か、治療期間について、また患者様のご希望等を相談させていただきます。




2.歯石をとる
歯石には2種類あります。目に見える歯石と、歯周ポケットの中にある歯石です。
一度にすべてを取り除いてしまえば治療回数は少なく済みますが、歯石を取り除いたスペースに汚れがたまり、ハグキが腫れてしまったり、冷たいものが入り込み歯がしみてしまったりと、症状が悪化することがあります。
そうならないために数回に分けてハグキの改善を確認しながら歯石除去を進めていきます。
できる限り痛みなくハグキの環境を改善していくよう、日々最新の注意を払っています。


3.生活習慣の改善
歯周病治療の成功は生活習慣の改善にかかってくると考えています。
歯石除去を行い、完全に取り除くことができたとしても、生活習慣の改善がなければ、再発してしまいます。
歯周病は歯科医師・歯科衛生士の力量だけでは治せません。歯科医院で歯石を取ることと、日々のご自身の歯ブラシ(プラス歯間ブラシ等の補助的清掃用具の活用)、このどちらが欠けても、お口の環境は改善しないのです。



4.再審査
歯周病は、痛みがなくゆっくりと気づかないうちに進行する病気です。
逆に改善も分かりづらいため、ハグキの検査を行い、最初に比べてどの程度歯周病が改善したのかを検査します。そして生活習慣の改善がどのような効果を発揮しているかを実感していただきます。


5.定期健診、定期クリーニング
歯周病はとても再発性の高い病気です。
初期治療が終了したら3〜6か月毎の定期健診となりますが、初期治療で改善したお口の状態を維持できるよう、日々の歯ブラシと定期クリーニンを続けていきましょう。





予防治療





歯周病や虫歯は、歯科医院でのメンテナンスで予防することができます。
歯周病や虫歯の原因となるプラークは、自分ではなかなか落としきることができません。歯科医院でのプロフェッショナルケアなら、専用の器具と技術によってお口を清潔に保つことができます。入れ歯やインプラントなどの治療においても、定期健診で経過を見守ることで、トラブルを未然に防ぎ、長く使用することが可能となります。



メンテナンスの流れ

PMTC

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて、歯をクリーニングすることです。
食べかすによるプラーク(歯垢)は、バイオフィルムと呼ばれるヌルヌル、ネバネバした膜を歯の表面に作ります。この膜の中には、虫歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムはハブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。
PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中を虫歯、歯周病から守り、健康な口元を維持することをおすすめします。



フッ素塗布

フッ素が歯に触れると、歯の表面であるエナメル質の結晶が硬く強いものに変化します。これにより、歯質が虫歯になりにくくなります。当院では高濃度のフッ素を含むクリームで磨き上げることで、歯にフッ素を作用させます。

ブラッシング指導

毎日のブラッシングは、虫歯や歯周病を防ぐためにとても重要です。
しかしながら、磨き癖があったり、奥歯までハブラシが届いていなかったりで、みがき残しがあり、日々のみがき残しが積もり積もって虫歯や歯周病となるのです。
予防歯科では、3〜6か月ごとの定期健診で、このみがき残しを指摘し、患者さんお一人おひとりに合ったブラッシング方法や、ハブラシ・補助的清掃用具の選び方などをお伝えしています。




予防治療でお口の健康を守りましょう

これからは、歯が痛くなったり違和感を感じてから歯科に通うのではなく、定期健診でお口の健康を守りましょう。
予防治療でお口の状態を管理し、清潔な口腔内を保つことで、歯周病や虫歯を未然に防ぐことができます。また、お口にトラブルが発生した場合でも、早期発見・早期治療により、最小限の治療で改善できるため、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることが重要となります。


大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.