椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

当院の保険外治療に対する考え方

かぶせ物(詰め物)の選び方について

保険外治療(自費治療)は、費用が多くかかるという点で、当院では積極的にお勧めしておりません。
しかしながら、患者さんは情報を知って選択する権利がありますので、それぞれの特徴についてご案内したいと思います。

かぶせ物や詰め物を入れる際、何を選択するかは、次の4つの視点で考えましょう。


(例) 奥歯に入れる詰め物を例にみてみましょう。




特徴:
〇金を多く(70%)含んだ合金なので柔らかく、歯とともに摩耗するので、噛み合う対の歯をいためにくい
〇金を多く含むことで、歯との段差を非常に薄く加工でき、結果、歯との段差が少ないため、詰め物の際から虫歯が再発するリスクが少ない
金額:
1本あたり\30,000円+消費税

保険外治療をされた方へお願いしたいこと

当院でセラミックのかぶせ物を入れた患者様にアンケートをとった、選択理由は下記のようでした。

1位 下の奥歯は、笑うと見えるので白くしたい。



2位 前歯は目立つので、自然感のあるセラミックにしたい。




3位 以前に前歯を保険診療でかぶせたが、変色してきて気になるので今度は保険外できれいに入れたい。




セラミックを選んだ理由の上位をみると、審美性を理由とする方が多かったようです。
もちろん、それは大事なことですが、
「費用をかけて直したからには、もう絶対虫歯にしないぞ!」
という気持ちになっていただけると、なおいいです。
残念ながら、どんなに精度よく治療しても、詰め物/かぶせ物と自分の歯との間には必ず境界があり、そこから新たに虫歯ができることが多いからです。
そういう点において、私たちスタッフも、保険外治療の審美性を強調するのではなく、
 「セラミックならではの汚れのつきにくさ、汚れの落としやすさ」
 「ゴールドならではの自分の歯と詰め物との境界の滑らかさ」

などをご案内して、保険外治療が虫歯の再発リスクを抑えることこそをご案内できればと思っています。
治療終了後には、長くても半年に1回は定期検診を受けていただくようご案内していますが、保険外治療をされた方は特に定期検診をしっかり受けて頂き、美しい歯を美しく、機能的に、長く保って頂ければと思います。


大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.