椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

ブリッジ、入れ歯、インプラント


失った歯を補う方法には、
ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。


ブリッジ
歯が1〜2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人口の歯を橋のように架けて治す補綴方法です。入れ歯のように取り外しするものではなく、自分の歯の土台に接着剤で取り付けるものです。





金属のブリッジ(保険診療)

セラミックのブリッジ(保険外診療)



ブリッジのメリット
  • 自分の歯を土台とするため、違和感が少ない
  • 入れ歯のように、食後に取り外して洗う必要がない

ブリッジのデメリット
  • ない歯の両側の歯が健康であっても、ぐるりと削らなければならない
  • 両側の歯に負担をかける
  • 残っている歯の状態によってはできない



パーシャルデンチャー(部分入れ歯)
部分入れ歯は、虫歯や歯周病、あるいは事故、手術などで歯がなくなったところを補う、取り外し義歯のことです。
口腔内の残った歯に留め金をひっかけて装着します。





フルデンチャー(総入れ歯)
上下どちらかの顎で自分の歯がまったくない場合に、ハグキ全体で支える形の入れ歯を入れます。これがフルデンチャー(総入れ歯)です。






入れ歯のメリット
  • 健康な歯を削る量は非常に少ない
  • 取り外しができるため手入れがしやすい

入れ歯のデメリット
  • 取り外しが煩わしい
  • 見た目が悪くなる
  • 噛みにくいものがある




入れ歯をつくったみなさんへ

入れ歯は異物がお口に入る訳ですので、はじめは違和感があります。
噛むとハグキの当たるところが痛くなったりします。
少しずつ使う時間を長くしながら、当たるところを削って調整しながら慣らしていくものです。
当院では入れ歯をつくった方に「何回でも遠慮しないで調整に来て。」とご案内しています。
患者様と医院とで、協力して使い勝手のいい入れ歯に育てていきましょう。




インプラント
人工歯根とも呼ばれ、歯がなくなったところの骨に主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人口の歯をつくる方法です。インプラントの埋め込みには外科手術が必要となります。顎の骨の量が十分にあること、骨の質に問題がないこと、骨粗鬆症や糖尿病などの全身的な問題がないことなどが前提となります。また、術後のメンテナンスも非常に重要で、日々の歯ブラシが十分にできないと、インプラント歯周炎という歯周病と同じ症状になり、撤去せざるを得ないことになりかねません。
当院では、入れ歯かインプラントかを選択する場合には、まず入れ歯を作ってみてどうしても慣れないようであればインプラントをご案内しています。









インプラントのメリット
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 入れ歯よりも咀嚼能力に優れている
  • 見た目の良い歯(人工歯)を装着できる

インプラントのデメリット
  • 保険がきかない
  • インプラントを骨に埋め込む手術が必要になる
  • 治療期間が4〜6か月と長くなる
  • 術後のメンテナンスを怠ると長持ちしない





もし歯がなくなってしまったら、食事も取りづらいし、おしゃべりするのもお口を手で覆いがちになります。
データによれば、歯を失い、ブリッジや入れ歯を入れずにいると、認知症のリスクは1.9倍に、転倒するリスクは最大で2.5倍になるとされています。
また、歯がある状態と無い状態では、お顔の輪郭まで変わります。
ブリッジや入れ歯で無い歯を補うことにより、噛む機能が回復していき、お口や顎の周りの筋肉が活性化し、若々しい口元が戻ってくるのです。
もし何らかの原因で歯を失うようなことがおきたら、必要な治療は早めにお受けください。






大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080

Copyright (c) Oyama Noboru Dental Clinic All Rights Reserved.